2020年9月28日

ペット可物件はなぜ飼育可能となっているのか背景を確認しよう


ペット共生住宅なら最初から飼育に適した設計

ペット可物件を探す際には、賃貸物件の中でもペット共生住宅と呼ばれる専用設計がされた部屋を探すと良いです。なぜなら、ペット専用の足洗い場やドッグランといった共用設備が充実しているだけでなく、最初から防音設計や防臭加工された壁紙が使用されているといったメリットがあるからです。一度ペット共生住宅の設備に慣れてしまうと、同じペット可物件であっても満足できなくなります。

後からペット可となって部屋は要注意

賃貸マンションが建設された時点ではペット飼育不可だった部屋であっても、空室が目立つことによりペット可物件へと切り替わったケースが少なくありません。空室対策としてペット可とする理由は、ペット可物件そのものが少ないために1度入居すると繰り返し更新手続きを行い継続入居が期待できるからです。一般的な賃貸物件よりも平均入居期間が長い住人が入るからこそ、賃貸経営のテコ入れ方法として後からペット可物件へと切り替える方法が使われます。

ペット可物件は清掃費用を確認しよう

ペット可物件へ入居する際には、退去時の清掃費用がどのような負担となっているのか原状回復費用について確認しておく必要があります。なぜなら、ペット飼育条件として敷金を積み増ししていても、飼育しているペットの種類や性格により壁紙や床面の傷み具合に大きな差が生まれるからです。訓練された犬ならば部屋の汚損は少ないですが、自由気ままに動き回る猫は訓練には適さないために室内の汚損が大きくなりやすい傾向にあります。ペット飼育可能とする条件として、特別清掃費用が別途設定されていないか確認することで後からのトラブルを回避可能です。

旭川にある大学に進学した場合には、大学生向けの旭川の賃貸を不動産会社を通じて探すことができるのです。