2020年7月2日

北海道の賃貸物件を借りるときは2つのポイントに注意しよう!


水抜きを忘れないこと

北海道で賃貸住宅を借りて暮らす場合、注意するのが冬の寒さです。しかし、実際に賃貸住宅を借りて住んでみると、思ったより快適だったという声も聞かれます。そのような北海道の賃貸住宅の場合、注意するポイントに水抜きが挙げられます。北海道の冬は氷点下の日が続くことが多いです。在宅時は暖房器具をつけているので問題ありませんが、留守にすると部屋の温度は一気に冷え込みます。長時間家を空けると外気の温度と同じになり、家の中の水道管の水までもが凍ってしまう可能性があります。

そのため、家を留守にするときは水抜きを忘れないようにします。もし水抜きを忘れると、水道管が破裂して周囲が水浸しになってしまうので注意が必要です。もし水抜きの方法が分からなければ、不動産会社などに聞いてみると良いです。

インフラをチェックすること

北海道の賃貸住宅に住む場合、どうしても冬の暖房の使用量が多くなってしまいます。それは仕方のないことですが、入居前にガスや石油などのインフラ状況を忘れずにチェックすると良いです。何故なら、北海道の賃貸住宅に備わっている暖房器具は、ガスか石油で動くものが一般的だからです。ガスを使用した暖房器具は点火が早いため、早く温まるという利点があります。しかし、暖かさを維持するためのランニングコストは高いです。

一方、石油暖房では、輻射熱と放射熱を利用するため、温まるのに時間がかかります。けれでも、ガス暖房よりも部屋全体をしっかり温めてくれます。このように、ガス暖房と石油暖房では、それぞれに利点と弱点があります。そのことを知っておくと、住宅探しのヒントになることは間違いありません。

恵庭の賃貸マンション探しは、この地域にある不動産屋に相談することからスタートします。多くの物件を紹介してもらいましょう。