2020年8月14日

電車通勤している人におすすめの賃貸物件の選び方


駅からの近さを重要視する

毎日、電車に乗って通勤している人が賃貸住宅を探す場合、駅からの近さにこだわることをおすすめします。例えば、家賃が安くても駅から遠いとなると、雨の日に家から駅・駅から家まで歩いている間にびしょ濡れになってしまいます。帰りに関しては問題ないものの、びしょ濡れの状態のまま会社に着いてしまったとしたら、不快な状態の中で仕事をしなければなりません。一方、駅からすぐの賃貸物件を借りた場合は雨にほとんど濡れる事なく行き来できますし、会社にて不快な思いをせずに済みます。また、通勤時間が短くなるという事は朝で言うと遅くまで寝ていられますし、帰ってから自由に使える時間も増えます。

駅近な事で家賃が割高になる事がどうしても気になる場合は、ファッション・趣味分野などにおける無駄な出費を見つけ出してそれをカットすればOKです。

駅から遠い場合はバス停からの距離を重視

駅から遠いとしても、すぐ近くを路線バスが通っている優良物件に関しては要注目と言えます。物件の目の前や付近に駅まで直通のバス停があるのであれば、雨に濡れる恐れがありませんし激しい雷の日でも安心して家と駅を行き来する事が可能です。例えば、所有している荷物(本・衣料等)の量があまりにも多すぎて駅近のコンパクトな家に安く住むのが難しい場合は、郊外の広くて家賃も安いところにも住むのも良いでしょう。

北海道に住む場合は特に駅・バス停からの距離が重要

北海道に住む場合は特に駅やバス停からの距離が重要になってきます。なぜならば、真冬の深夜から未明にかけて雪が積もると通常のスピードで歩行できないからです。朝いつも時間通りに起きた場合に、駅やバス停まて時間通りに辿り着けなければ会社に遅刻してしまいますし、それによって仕事先に迷惑がかかる恐れも出てきます。

札幌東区の賃貸物件の主要駅の周辺には、ホテルが多くあるものの駅を少し離れるとショッピングセンターやドラッグストアなど、生活に必要なものを揃えるための店舗が充実しています。