2020年10月20日

これは知っておきたい!賃貸オフィスの選び方と注意点


用途別に考えよう!賃貸オフィスに必要なもの

賃貸オフィスを構える場合、用途によって必要な設備や仕様が変わってきます。主に事務処理や電話対応だけで顧客が訪問する機会の少ない事業であれば、オフィスに受付や豪華な応接設備は必要ありません。パソコンを置くデスクや椅子さえ置けるスペースがあれば十分でしょう。名刺に事業所の住所を記載するために、固定電話や独自のオフィスさえあれば足りるという場合には、こうした賃貸オフィスが重宝されます。名刺に固定電話や独自の住所がない事業者は信用度が高くないからです。一方、顧客を迎えて商談や取引をする事業者であれば、賃貸オフィスには応接セットや受付が欠かせません。狭くて雑然としたオフィスより、広くて快適なオフィスの方が、商談も進みやすいと言えます。オフィスの印象は、取引に直接影響を与えると言っても過言ではないでしょう。

意外と重要!賃貸オフィスのトイレ事情

顧客の訪れない事業所であれば、トイレも従業員が使用するだけであり、他のオフィスと共用のトイレでも問題ありません。しかしながら、顧客が訪問するオフィスなら、トイレ事情は重要なポイントとなります。飲食店に限らず、トイレの清潔な事業者は日頃から細かい所まで気を遣っていることがうかがわれるため、訪問者から好感を持たれ、取引においても信頼性が高くなりやすいのです。したがって、顧客を招き入れる事業者は、必ずトイレ付きの賃貸オフィスを借りて、毎日清掃するように心がけましょう。トイレ付きの賃貸オフィスは賃料も割高になりますが、特に長談義に及ぶ商談が多い取引を行う事業者には着目すべきポイントと言えます。

港区で賃貸事務所を構えたい希望がある方は、不動産屋に相談をするという方法をとることができます。条件に見合った物件を見つけ出せます。