2020年10月20日

マイホームの魅力や家族構成に合う間取りの考え方について


マイホームをもつ大きな魅力とは!?

注文住宅でマイホーム持つことは、一生に一度とよくいわれるほど高額な買い物です。たくさんの人が何十年もの長い返済期間のローンを組んでまで買うものですから、そこまでして手に入れたいと思えるほど大きな魅力があるにちがいありません。注文住宅のマイホームの場合は、土地や建物の不動産価値として大きな資産になります。建物が消耗して資産価値が下がったとしても、土地は老朽化することはないため、基本的に価値が変わることは少ないです。また、大きな資産を持てるということだけではなく、自分の家を持ったという精神的な安定感を伴います。注文住宅であれば、自分たちの希望する家造りを創造することができるため、ほかの物では得られない安らぎの場を得られます。

将来を意識した間取りの考え方

どんなにグレードの高い注文住宅であっても、そこに住む家族の暮らしに合わなければ、快適性に欠けることもあるので良い家とはいえないでしょう。家造りの計画をすすめていくにあたっては、家族構成の変化を予測しながら、部屋の間取りや導線などの設計を考慮することが大切です。特にお子さんについては成長とともに、将来は自分の部屋が欲しいと思うものですし、お子さんが2人いるなら2部屋用意することも考えておかないといけません。また、お子さんが独立や結婚で家を出た場合、2部屋を無駄にせずに客間や書斎などに活用できるような家造りを検討するなど、さまざまな変化を想像しながら家全体の間取りを設計していく必要があります。

小さいながら生活に必要な設備は整い、快適に暮らせるという木造一戸建ての注文住宅が注目を集めています。